最新の抗がん情報まとめ

抗がん剤による治療にはリスクがあることを知っておこう

抗がん剤による治療にはリスクがあることを知っておこう 抗がん剤でがんの治療をする時には、副作用が起こるリスクがあります。
抗がん剤はがんが増殖することを抑制する目的で使われる薬のことで、がん細胞の成長を遅くしたり転移・再発を防ぐのにも役立ちます。
その一方で、抗がん剤を使うとがん細胞だけでなく身体の他の部分にも影響が出るので、薬物有害反応や副作用と呼ばれる不調があらわれる可能性があることを知っておかなければなりません。
抗がん剤による治療の内、代謝拮抗薬やアルキル化剤などを使って行われる化学療法には、様々な副作用が発生するリスクがあるのが問題です。
その副作用としては、吐き気や食欲低下、だるさなどの他、皮膚に発疹やかゆみなどが出るアレルギー反応なども報告されています。
それ以外にも下痢や胃もたれ、口内炎が起こることもありますし、手足のしびれや脱毛、膀胱炎などの症状が出ることや、肝障害、腎障害などのおそれもあります。
その他に分子標的療法という治療法では発熱や吐き気、皮膚の発疹の他に寒気などの副作用があるといわれていますし、ホルモン療法では体重増加やほてり、むくみ、頭痛といった副作用があらわれることがあるのがリスクです。
抗がん剤での治療を行う前には副作用について医師から説明があるはずですが、その時に副作用が起こった場合の対処法についても確認しておくことをおすすめします。

抗がん剤治療のリスクとは?注意すべきポイントは?

抗がん剤治療のリスクとは?注意すべきポイントは? 日本の中でも多くの人を苦しめてきた病気の一つに癌がありますが、現代社会においては医療技術や薬剤の開発が進み癌を患っても根治を目指せる可能性が広がっています。
抗がん剤治療はがん細胞の増殖を防いだり、その成長を抑える効果も期待できます。
手術や放射線治療は局所的なものであるのに対して、この薬剤治療は身体全体の広い範囲に効果が期待できるのです。
作用の異なる薬を組み合わせることでより効果を高める事も出来るのです。
この方法は身体全身に効果を期待できるメリットがある反面、がん細胞以外の正常な細胞も同時に攻撃してしまうために身体に副作用をもたらすリスクがあります。
その代表的な症状としては吐き気や脱毛、白血球の減少などが挙げられ、白血球の減少によって免疫力が低下し、感染症のリスクが高くなる場合もあるのです。
近年は起こりうるこれらの副作用に対して処置を行う事でその症状を随分和らげることが可能になってきましたが、肺や神経組織の細胞が影響を受けたり、生殖機能に影響を及ばす可能性もある為に注意が必要になります。
抗がん剤の種類によっては点滴対応の際に血管の外側に漏れてしまうと皮膚に障害を来す場合もあるために、ハリが入っている部分の安静を保つ必要もあるのです。

天仙液に関するお役立ちリンク

天仙液

新着情報

◎2019/1/24

抗がん剤治療の効果と副作用
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

抗がん剤治療のリスク
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

薬物治療にはリスクが多い
の情報を更新しました。

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 リスク」
に関連するツイート
Twitter

高齢者では様々な基礎疾患(糖尿病、など)が原因で免疫能が低下し、感染症から敗血症に進展するリスクが高まります。また、高齢者ではリンパ球系の免疫老化が起こります。この獲得免疫の低下を補う上でもワクチン接種は有効な手段とされています。 pic.twitter.com/0kW6eMvZZw

Twitter敗血症/Sepsisの情報発信@SepsisJpn

返信 リツイート 41分前

返信先:@nonbeepanda他1人 例えばの末期で腹部に大きな転移が出来ちゃった。 手術しても余命は変わらないかもしれないけど、近い未来に便が出なくなったり、人工肛門を回避できるかもしれない。でも手術自体で命を落とすリスクもあるし、術後の合併症もあるかも。 どっちも難しい選択だけどどうしますか?って話は日常的にある

Twitterきゅーさん産婦人科@kyusan_obgy

返信1 リツイート2 11:58

鬱の人がサボってるとは勿論思わないけど、不公平とは思う。なぜって精神疾患の場合、働かなくても障害年金申請できますよ。自分ステージ3の患者だけど、にはそういう制度ないです。だから、ストレスで再発リスク増すと分かってても働かねばならん。何でやねん~、って思うのは仕方ない事でね。

Twitterヤン・ザ・マジシャン@harinezumi_38

返信 リツイート 11:08

膀胱 高齢男性に多く、組織学的には90%異常が尿路上皮(移行上皮)。肉眼的には乳頭状が多い。喫煙と芳香族アミンがリスクファクター。無症候性血尿、頻尿、排尿痛、水腎症などの症状。膀胱鏡検査で検査し、TURBTで初期は治療。再発の可能性大。

Twitter医学生のためのカピバラbot@capymedQB

返信 リツイート 9:37

アスゲンクリニック 当院では手術や化学療法とも併用できる、免疫システム改善のための治療を行っています☝️ 現在の免疫状況とがあるかを、採血検査「リスクチェッカー」で調べましょう👩‍⚕️🏥#アスゲンクリニック #免疫治療 # #がん

TwitterMITグループ アスゲンクリニック@asgclinic

返信 リツイート 9:22

低線量放射線による長期被ばくの健康影響に関する疫学研究は、白血病のような非固形の過度の放射線リスクに閾値はないと結論付けている。固形に関する付加的な放射線リスクは、直線的線量反応関係により一生を通し増加し続ける。

Twitter国連人権理事会特別報告者bot@kokurenjinken

返信 リツイート 9:22

目に見えない事がほとんどの病気だから、日によって変動があるから、友達と電話しただけでも「なんだ元気じゃん」って言われる。死にたくなるほど苦しいのに、リスクもめちゃくちゃ高いのに、ですって言うとみんなすぐに助けようとするのに、私たちは知らん顔される。面倒だからと無視される。

Twitterアユミ(日常アカウント)@aym_emutan

返信 リツイート 9:03

喫煙者は自分でになるリスク底上げしてるんだから自業自得よな。

RT @zenrah_moog: お酒を飲んですぐに赤くなる人は酒癖が良かろうが悪かろうが下咽頭、食道の重要なリスクファクターなので、晩酌してる人はやめたほうがよい #自科では常識だけど他科の医師は知らなさそうな事

RT @zenrah_moog: お酒を飲んですぐに赤くなる人は酒癖が良かろうが悪かろうが下咽頭、食道の重要なリスクファクターなので、晩酌してる人はやめたほうがよい #自科では常識だけど他科の医師は知らなさそうな事